4.継続してかかるストレス

PR

4.継続してかかるストレス

足の痛みは、靴の不適合や、長年のアンバランスな歩行の癖など、さまざまな原因によって引き起こされます。特に、アンバランスな歩行の癖は、足のどこか1点に繰り返しストレスがかかることで、足の痛みを引き起こす大きな要因となります。

足の様々な部位を意識できるようにする

足の様々な部位を意識できるようにすることです。歩行時に、すべての部位を使うということを学び、実行できれば、各部位に掛かる荷重の配分は適切なものとなり、足の痛みは軽減されます。

具体的な方法

ウォーキングテストや、さまざまなエクササイズやストレッチを通じて、足の様々な部位を意識できるようにします。

ウォーキングテスト

ウォーキングテストは、ルーティンを行う前に行うことで、足全体を使った歩き方がどの程度達成できているかを確認することができます。

プライベート指導

プライベート指導では、必ず目の前でウォーキングテストを実施します。そうすることで、クライアントは足の動作の可能性を理解し、帰宅後も歩き方に気を配るようになるでしょう。

個別のプログラム

クライアントが基本的な考え方を理解したら、個別のプログラムを組み、正しい歩行の妨げになっている、特に緊張が強い部分にフォーカスします。それらの制限が解放されて、筋肉が強化されたら、足全体を使えるようになり、足の痛みは過去のものとなるでしょう。

足の痛み解消のポイント

足の痛みを解消するためには、以下のポイントが重要です。

  • 足の様々な部位を意識できるようにする
  • 正しい歩き方を習慣化する

繰り返しかかるストレスを軽減する

繰り返しかかるストレスを軽減することで、足の痛みを解消する効果的な方法です。